日次アーカイブ: 2018年11月6日

皆さんこんにちは!今年もFUJIのブースを出展させて頂きます!

何といっても今年の一押しはTEAM UKYOも使用しているレーシングモデル!

そして発売開始から人気上昇中のアドベンチャーロードJARIシリーズ。

レーシングとアドベンチャーを中心に試乗車をご用意いたしております。

皆さん、FUJIブースにご期待ください!

2018_REMIX_WEB_0

remix モデル各種 TEAM UKYOモデルレプリカ

IMG_7244

SL1.1 Disc

IMG_2357

人気のJARIシリーズ JARI1.5

JARI1.5

JARI2.3

 

JARI2.3

RAFIFISTA

RAFFISTTA Khaki

 

こんにちは。ピーアールインターナショナルです。

本日は、確固たる信念と技術で、ヨーロッパ市場において圧倒的なシェアを
誇る“SCHWALBE(シュワルベ)”のロードタイヤから用途や路面状況に
合わせてお選びいただける4モデルをご紹介いたします!

02_SCHWALBE_ロードタイヤシリーズ_修正

【シュワルベプロワン】
最新のチューブレステクノロジーを採用したハイエンドモデル。
ラインナップの中で転がり抵抗を最も低く抑えることに成功。
また、2019年より、新サイズ「700x30C」が追加予定です。
※チューブを装着しての使用も可能です。

【シュワルベワン】
「転がり抵抗の低さ」「グリップ性能」「耐久性」を兼ね備えた
リアルレーシングモデル。
信頼性の高い確かな性能は、レースシーンにおいても大きな
アドバンテージとなり、 コンマ1秒を削るシリアスレーサーのみならず、
完走を目指すホビーレーサーまで、 あらゆるライダーの走りに貢献します。
2019年より「700x25C」に新色“クラシックスキン”、
「700x30C」の新サイズが追加予定です。

【デュラノ】
耐久性とグリップ性能とのバランスを高いレベルで実現しています。
寒冷な季節の一部濡れた路面であってもグリップ性を維持し、
快適な走行をお約束します!
摩耗に強くロングライドにもお勧めです。

【ルガノ】
バランスのとれた性能とコストパフォーマンスに優れ、カラーも充実。
エントリーユーザーから本格的なトレーニングでの使用に至るまで
幅広いニーズにお応えします。

※新作は2019年春頃入荷予定です。

最近はロードでもチューブレス流行の兆しが感じられます。
ただ、なかなかビードが上がらない…という声もチラホラ。
そこで活躍するのが【タイヤブースター】。
チューブレスタイヤ装着の際など、空気を一気に注入でき、
携帯に便利で繰り返しのご使用が可能です。

4026495844673
詳しい使用方法は弊社のInstagramをご覧ください。

当日は上記モデルを中心に、オススメのタイヤを多数お持ちしますので、
「モデルごとの性能の違い」や「自分の走りに合うタイヤ」などを
実際にお手に取ってご確認下さい。
また、経験豊富なスタッフがアドバイスさせていただきますので、
是非お立ち寄り頂きどんどん質問してみてくださいね!

昨日よりセオフェス当日に試乗・展示を行うNESTOのラインナップを紹介しています。第2回目は同価格帯で圧倒的なスペックを持つディスクブレーキロードバイク『ALTERNA DISC-A (オルタナ ディスク)』です。

ディスクブレーキロードバイクとしてお手頃な価格でありながら9.0㎏というクラス最軽量を実現。変速系にはSHIMANO新型105を使用し、前後スルーアクスル、フラットマウントディスクブレーキ、プレスフィットBB、ワイドリムホイールなどトレンドをおさえた同価格帯では無双のモデルです。
※国内販売中の19万円未満ディスクロードバイクにおいて/2018年11月現在・当社調べ

ALTERNA_DISC-A_RD_1030x600 フルカーボンフォークの軽量性、スルーアクスルーの剛性感がピュアレーシングジオメトリと相まって最高の加速をもたらします。IMG_9570 さらにMAXXISのケブラービードタイヤ、NOVATECハブのワイドリムホイールは適度なトラクションをもたらしコーナリングや荒れた路面でも安定した走りを提供します。

また、ハードなブレーキングでも前後の12mmスルーアクスルと引きの軽いSHIMANO製メカニカルディスクブレーキがライダーに安心感をもたらします。

価格は完成車で139,000円(税抜)です。セオフェス当日はフレームサイズ440mm、475mm、510mmの3サイズ全てをご用意します。同価格帯で圧倒的なスペックを持つ『ALTERNA DISC-A (オルタナ ディスク)』をご堪能ください。